05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

【G1】グラスギブネン 

イウェカシールド?何それ?木の実3個しか釣れませんでしたよ?


そういえば次回のブロガーの集いはトリアナ鯖だそうですね…(´;ω;`)
いっそそれ用にサブ作ってしまおうかww
はむむむむッ…いつかモリアン鯖に来ることをッ!切にッ!願うッ!
(なんかジョジョっぽく言ってますけど適当です)



続きでG1。
溜まってたSSもこれで最後ですよー!








復讐の書を2巻まで集めたわたくし。
残る3巻は、ティルコネイルのラサ先生が持っているとの情報を手に入れた。

どうせ既に他の人に渡しちゃってるんだろうなーと思いながらも、私はラサ先生の元へ行くのであった





…はい、やっぱりラサ先生は持ってませんでしたYO☆

復讐の書3巻1

「んっとね、じつはそれ、私の本じゃないの。
ガイレフの遺跡の発掘場で働いてる
セイマスさんの本なのよ。」


遺跡…ドラゴン遺跡のところか。
もっと遠いところにあるのかな~と思ってたけど、意外とそうでもなかったですね。



というわけで発掘場にいってみるとなんか常にハァハァ言ってるおじさんがいたので話しかけてみると、ショーンのお父さんだったんですね。
本はあげてもいいけど、その代わりショーンにプレゼントを渡して欲しい…と。
どうしてこうタダでくださる太っ腹な方はいらっしゃらないのかしら!w


はいはいショーンくんプレゼントだよ☆
ショーンといえばバリダンジョンの女神像の裏ですよねーっ(笑)

復讐の書3巻2


…君はホントに口を開けばイビーイビーイビーと

そんなにイビーが好きならイビー丼でも作ればいいだろ――が――!!

(このネタわかる人友達になってください)



さーてプレゼントもあげてハァハァおじさんに3巻を貰って、
再びクリステルさんに翻訳してもらいましたよ。

復讐の書3巻3

怖い話…ですか!?((((;゚Д゚))))

ところでこの本の説明に
「汚い字で翻訳しているのを見ると、翻訳した人も相当疲れているのだろう」
みたいなことが書いてあって…(´・ω・`)クリステルさんありがとうございます…


で、肝心な本の内容はといいますと、

人間を滅ぼすためにグラスギブネンを召還しちゃおうぜっ☆
安心して!もう召還の方法は知ってるからねっ☆


てな感じです。
グラスギブネン…また新しい名前が出ました。
というわけで物知りキノポン…じゃなくて村長に聞きにいきましょー。



「…グラスギブネンは伝説の巨人だ。
目に映る全てを、憎悪と怒りで破壊する怪物なのだ…。
その恐怖は、言葉では表せないほどだ…。」


復讐の書3巻4

「昔…邪悪な魔人の指揮によって、グラスギブネンが
エリン全域を荒らしたことがあった…。
手も足も出なかった…。」


そ、それで村長さんよく生きてこれましたね((((;゚Д゚))))w

グラスギブネンかー。ものごっつ強いんだろうなぁ。
もしかして戦うことになったりとかしちゃうのかな?
それはそれで燃えますけども…w




さてお次はそのグラスギブネンちゃんについて知らないといけませんね。
ギブネンについての本はバンホールのブライスさんが持っているとのことです。
イビーのお父さんだねー。

復讐の書3巻5

「読んでみたら面白い事が書いてあったのですが…。
その怪物を復活させるにはアダマンタイトが必要みたいですね。
アダマンタイトは、魔力が通じない神秘の金属…。
この世で、バンホールの鉱山にだけ生産される鉱物です。」


ほうほう。
でもアダマンタイトはもの凄く希少価値の高い鉱物らしくて、
今じゃ滅多に手に入らないんだそうです。
ならギブネン復活させるのもそんな簡単なことじゃないってことね。
でもマウラスのことだからあっさり手に入れてそうだなぁ(^^;

あと、この本によるとギブネンはお金を食べるそうですよ。
だから召還させるときは大量のお金が必要になるから、
モンスターが常にお金を持ってるのはギブネンを復活させるための伏線なんじゃないか、とも。

ほ~。お金ってだいたいのゲームじゃモンスターが持ってるものだけど、
ここだとそういう理由もあるんだね。おねえさんびっくりだ。
マビってほんと凝ってるなー(笑)



お次はタルラークに訊きにいきます。
もう彼ともすっかり顔馴染みですわね。

ギブネンに関してはタルの記憶にも残ってる…んでしたっけ?←
なのでギブネンのことを知るために再びメモリアルダンジョンをすることになるんですが…

復讐の書3巻7

「壊れた眼鏡に記憶が残っているかは
よく分かりませんが…。
もし、私の過去を直接確認したかったら、
「保存の魔法の粉」を手に入れてください。」



ということで保存の魔法の粉探しになります。
これはフィアードDにあるんですが、既に手に入れてます(笑)
なので次は粉をタルに渡すところからですね^^



よーしSS消化しました!また明日からG1進めていきますね!
友達はもうクリアしたんだって…すごいなぁ(`・ω・´)

カテゴリ:メインストリーム

2008/09/29 Mon. 01:04 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« あなたのためならどこまでも!
フィールドボスを甘く見てはいけない »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ethna.blog44.fc2.com/tb.php/25-925de907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。