03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

【G1】記憶に眠るあの歌を 

G1、SSが多すぎて編集大変なので…
今溜まってる分を消化させるまで、進ませるのはしばらくお休みしようと思いますw
がっすんがっすん更新していきたいからすぐ終わると思いますが…まぁ一応。





クリステルの過去を知った。知ってしまった。
私は再び彼女に会いにいった。





クリステルは私を見て、一つの頼みごとをしてきた。


「タルラークに私の話をしてください。
そして…ぜひ会いたいと…。
話したいことがあると…。
…それくらいなら、大丈夫ですよね…?」



恋する女性の頼みごとは断れないな…
というわけでタルラークのもとへれっつらごーう!




やあやあタルくんスモークチーズはあるかi…
じゃなくてクリステルさんが会いたがってますよー。
え、本?魔族の言葉で書いてある本がどうしたと?


黒バラ1

Σ(`・ω・´)ちっ…チミは純粋な女性を振ったあげく利用するというのか!
それは人として軸がぶれていると思うんだがッ…!←


黒バラ2

といいつつ仲は良くなっておくんですけど(笑)



うーん、なんだかなぁと思いつつクリステルさんに本の翻訳を頼みにいきます。
割とあっさりひきうけてくださいました。

で、翻訳が終わったようなので本を貰いにいくと…


黒バラ3

あー、そりゃあ普通はそう思いますよね…
たまにはタルさんもあったかいところに行ったほうがいいですよ(笑)

ていうかまたシドスネッターに戻らなきゃいかんのか…w



黒バラ4

愛は釣り合うとか釣り合わないとか関係ないと思うんですけど!
お互いが好きだったらそれでいいじゃないファンタジーライフだもの!
クリステルさんもそんな言葉を聞きたくて人間になったわけじゃないと思います!
ティルコとダンバ往復するの面倒なんで自分で行ってください!(本音)



…と説得してみたら(嘘)彼からも頼みごとをされました。


「一つお願いしてもいいですか?
…じつは以前、ティルコネイルのメイブン司祭に
預けておいたものが一つあります。
それを持ってきてくださいませんか…?」



な、なんじゃなんじゃい。
とりあえず頼まれたからには行くしかないな…


メイブン司祭に訊いてみたところ、それはラサ先生のところで貰ってくれとのこと。
ラサ先生も久しぶりねー。


ラサ先生ッ例のものくださいッ!例のものって何なのかわかりませんけど!
え?祝福ポーション?ああどうぞどうぞ

するとラサ先生は何かを作るために私を追い出しました(笑)


しばらく待ってるとフクロウ便。
出来上がったみたいです。


黒バラ5

「キレイでしょ…?黒いバラ。
赤い色があまりにも強くて、黒く変色しちゃうの。
最近栽培してるものの中でも一番キレイだから、あたしも楽しみにしてるのよ。」


作ってたというのはこの黒いバラらしいです。
タルラークはこれをメイブン司祭に預けていたのか…寒いところだと枯れちゃうからか?(笑)




タルさーん持ってきましたよーん

え、これは自分が預けたものではない?
あ、はい、実はついさっき作っていただきました


黒バラ6

…や、いやぁはっはっは照れるなぁ
当然のことをしたまでですよ。


「それでは…私の願いを一つ聞いていただけますか…?
このバラを…ダンバートンのクリステルに渡してくださいませんか…。
…それだけです…お願いします。」



ちょ、さっきも一つお願いしたじゃないか!
それだけって言うけどダンバ結構遠いのよッ!(笑)
外に出たくないのか?それってつまりニー(ry


…なんて言ったところで意味はないのでクリステルさんに渡しに行きます。

クリステルさーん、これタルラークが渡してくれってー


…!!
ちょ、泣いた!泣かした!
どげんすったとでげすかクリステルさん!(何弁)

黒バラ7

…なんだか納得したみたいです。
これでよかったんだろうか…。


「翻訳した本はこれです…季節さん…。
今までの非礼、深くお詫びします…。」



いえいえいいんですよ…
これも女神を助けるたm…

…あれ、自分何しに来たんだっけ?
気がついたら二人の恋の仲裁役をつとめていたのだが…。




まあ本も手に入ったことだし、読んでみますかー。


ぱらぱら

もくもく

テレッテー♪


…んーと、この本によるとマウラスという人物は酷く人間を恨んでいるようです。
マウラス…知ってる人はいるのかな。
ということで町の人に聞いてみたんだけど…


「昔、人間を救ったという英雄のことか?」


ん?なんか本の内容と矛盾しているんですが!


これはダンカン村長に聞くのが一番かしらー。
ってことでまたティルコに行くことになりますorz
アグネシカ(my馬)には苦労させちゃうね…w

カテゴリ:メインストリーム

2008/09/24 Wed. 00:11 -edit- Trackback -- / Comment 1

△page top

« 【他鯖なのが】便乗して告知支援w【とても悔しい!】
【G1】私の心にはもう、あなたの愛が »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 

2008/09/24 07:38 * edit *

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。